健診で心電図異常を指摘されたら・要再検と言われたら 上室性期外収縮、心房性期外収縮

みたに内科循環器科クリニックの三谷です。

今回のブログでは、『健診で心電図異常を指摘されたら・要再検と言われたら 上室性期外収縮、心房性期外収縮』について、お話ししたいと思います。

《始めに》

健診において、心電図検査で、異常所見ありと記載があっても、よくわからないから、症状がないから、と放置していませんか?
逆に、健診で心電図をとって返却されたコメントに、素人にはとても理解できないような専門用語が書かれているのを目にして、不安になる方も多いのではないかと思います。

健診などでは、心電図の自動診断機能で診断される場合が多いのですが、我々心臓の専門医からみると、自動診断機能による心電図判定は必ずしも正常とは言えません。心臓専門医がひとつひとつの波形をじっくりと吟味して、初めて正確な診断が得られます。
また、心電図検査のみでは心臓の状態や病気のことが全てわかるわけではありませんので注意が必要です。

心電図異常と診断されたら、その異常がどんな意味を持つのか、治療しなくても大丈夫なのかを検討するため、必ず、心臓専門医のクリニックを受診してください

《正常の心臓のはたらき》

人間の心臓は、1日10万回収縮して、1日8トンの血液を右側の心臓から肺へ、1日8トンの血液を左側の心臓から全身へ、送り出しています。

自動車も、エンジンとタイヤだけでは動けず、安全に走行できるために、ワイヤーハーネスという電気コードの束が車全体に張りめぐらされています。

心臓も、刺激伝導系という電気コードの束が心臓全体に張りめぐらされていて、毎日16トンもの血液を効率よく送り出す事ができます。

刺激伝導系の興奮は、洞結節というペースメーカーから始まります。洞結節は、安静時では1分間50~100回、運動すると100回以上興奮します。洞結節は小さいので、洞結節の興奮は心電図上で見る事はできません。

洞結節の興奮は、心房の筋肉に伝わり、心房の筋肉を収縮させ、血液を心室へ送り出します。心電図上ではP波として記録されます。

心房から心室へ十分に血液を送り出すため、刺激伝導系の房室結節という伝導路を刺激がゆっくり伝わります。

心室に十分血液がたまったら、房室弁という心房と心室の間の弁を閉じて逆流しないようにしておき、今度は、刺激伝導系の右脚と左脚が心室の筋肉を収縮させ、大動脈から全身へ、肺動脈から肺へ毎日合わせて16トンもの血液を送り出しています。心電図上ではQRS波と記録されます。

この規則正しい心臓の興奮は、1日に約10万回、何も病気がなければ、120年間繰り返されます。

この規則正しい心臓の興奮のどこかが障害されたのが不整脈です

《上室性期外収縮、心房性期外収縮とは》

上記の様に、刺激伝導系のうち、ペースメーカーとなり、心臓全体の収縮の起点となるのは、本来は洞結節です。しかし、洞結節以外の細胞もペースメーカーとなる潜在能力があります。心室の上にある心房(上室)が、ペースメーカーとなり、心臓全体が収縮してしまったのが、上室性期外収縮、心房性期外収縮です。

洞結節ではなく、心房から心臓の収縮が始まるため、P波の形が変わります。

上室性期外収縮、心房性期外収縮は、20才以上のほとんどの人に認められる不整脈です。

上室性期外収縮、心房性期外収縮自体は、治療の必要性がない場合がほとんどです。

しかし、上室性期外収縮、心房性期外収縮が認められた場合、問題となるのは、脳梗塞の原因となる心房細動が隠れていたり、心疾患や内臓疾患の増悪が原因となり、上室性期外収縮、心房性期外収縮が認められたケースです。

上室性期外収縮、心房性期外収縮の原因となる心疾患が隠れていないか、心エコー検査などで調べる事が重要です。内臓疾患が上室性期外収縮、心房性期外収縮の発生に影響している場合もあるため、甲状腺も含めた血液検査が必要です。その不整脈の重症度や治療の必要性を判定するため、また、たとえ、その不整脈自体は問題のない不整脈だとしても、治療が必要な不整脈を合併している場合があるので、24時間ホルター心電図検査なども必要です。

特に、失神などの症状が認められる場合は、要注意です。

実際、ホルター心電図所見で、上室性期外収縮、心房性期外収縮の1時間当たりの数、あるいは最大連発数と、将来の心房細動発生が関連している事が明らかになっています。

上記検査で他に異常を認めなければ、上室性期外収縮、心房性期外収縮の予後は良好です。たとえ動悸などの症状があっても、精神的なストレス、肉体的なストレスを抑え、自律神経の動揺を抑える事により、症状が消失する事が多いようです。

しかし、将来、上室性期外収縮、心房性期外収縮の数が増えると、脳梗塞の原因となる心房細動の発生と関連しますので、定期的に再検査を受けるようにしてください。

一番大事な点は、上室性期外収縮、心房性期外収縮を指摘されたら、そのまま様子を見るのではなく、循環器科で診察をしてもらう事が重要です

当院にご来院いただければ上記方針で検査いたします。

当院では、このように皆さんの健康に役立つブログを多数掲載しております。

ぜひ、当院ホームページのトップページに戻り、【役に立つ健康の豆知識ブログ】や、その他の院内情報ご覧ください。

当院は長後街道という幹線道路に面しており、市営地下鉄立場駅から徒歩8分、相鉄線いずみ中央駅から徒歩6分とアクセスしやすい場所に立地しています

LINE予約、WEB予約は24時間受け付けつけております。オンライン予約が苦手な方は、受付時間内に電話☏045-806-5067でも予約受け付けつけております。