安全な入浴 その1 お風呂に入る前に

家の中で一番危険な場所はお風呂場かも知れません。

交通事故で亡くなる人より、お風呂場で亡くなる人の方が多いと言われています。

特に、冬場は、夏場に比べて7倍死亡事故が多いので、これからの時期は、注意が必要です。

なぜ、冬場に多いのでしょうか。

そして、安全に入浴するためにはどうすれば良いでしょうか。

暖房の効いた暖かい部屋から、寒い脱衣所に移り、しかも服を脱ぐと、急激な温度変化で血圧が乱高下してしまい、心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなります。

脱衣所を暖房する、あるいは、浴槽のふたを開けておいて、浴室のドアもあけておき、暖気が脱衣場にくるようにしましょう。

浴室の壁や床にシャワーで温水をかけておくのも効果的です。

昔から、年をとったら『一番風呂』に入らない方が良いと言われているのも、『一番風呂』では脱衣所や浴室が十分に暖まっていないからです。

お風呂には体を清潔に保つほかに、爽快感や幸福感が得られるなど、様々なメリットがあります

安全な入浴法を心がけて、楽しくお風呂に入りましょう